私の幸せの人は5年年下の微笑の素敵な優しい彼氏でした。

当時自分は代物屋氏で働いていました。ある日他会社への退職が決まりその店で働いていたのが旦那でした。その時旦那は教え子で年下にまったく興味がない自分はとくに恋心を抱くことはありませんでした。そういったある日一大事が起こりました。その日は自分と旦那と店長の3個人が仕事していました。自分がお店の色眼鏡什器を上の空で壊してしまったのです。その什器はかなり高額な物で店長にも叱られその日はとても落ち込んでいました。その夜、旦那からメールが届きました。私の事をとても心配した優しいメールでした。ありがとうと感謝のメールを送り返し少しやり取りをしてその日は終わりました。その一大事以降、休憩に面倒をしたり、たまにメールを送り合うようになりました。少しして旦那からメニューに誘われました。私もその頃には旦那に恋心を抱き始めていたので嬉しかったと思います。そうしてそのメニューの後、旦那に公表されました。とても嬉しかった事を覚えています。それから付き合うようになり今では結婚3年齢眼になります。今でも変わらず優しくて大好きな旦那は私の自慢の父親です。出会えるゲームに心躍る